加圧トレーニングの特徴&注意点

加圧トレーニングの特徴や注意点紹介

加圧トレーニング,特徴,注意点

 

加圧トレーニングの特徴や注意点などを紹介してみます。

加圧トレーニングの特徴

加圧トレーニング,特徴,注意点

 

加圧トレーニングとは、専用の加圧器具を使用して四肢の、特に脚と腕の付け根に適性な圧を掛けながら、適切に血流を流しながら行うトレーニングです。加圧トレーニングの効果には、ダイエット効果があります。

 

加圧トレーニングを行うと成長ホルモンが増大して、太りにくい身体になります。またトレーニングにより筋肉量が増えると、脂肪が燃焼しやすい身体になります。加圧と除圧を繰り返し行うと、血管に弾力が蘇ります。

 

血行が良くなり、血流量も多くなり新陳代謝も活発になります。冷え性や肩こり等の、不調が改善されます。加圧トレーニングを行うと骨折や肉離れや捻挫等の怪我の回復が早くなるというデータがあり、成長ホルモンにより筋肉や人体の修復が早まると考えられているためです。

 

軽い負荷により高い効果が得られるので、トレーニングが続けやすいです。更に怪我等もしにくいので、老若男女問わず誰でも実践出来ます。加圧トレーニングを行うと通常の290倍もの成長ホルモンが分泌され、肌のハリやツヤを取り戻し脂肪が付きにくい身体にしてくれます。

 

また低負荷で行えるので、関節への負荷が少なく精神的な負担も少ないです。短期間で効率的に効果を求める人にはおすすめです。

加圧トレーニングで速筋と遅筋を同時に鍛えられるって本当?

加圧トレーニング,特徴,注意点

 

加圧トレーニングでは、遅筋と速筋の両方を同時に鍛える事が出来ます。筋肉は大きく分けると、遅筋と速筋があります。遅筋繊維は白筋とも呼ばれて、脂肪をエネルギー源として持久力を発揮します。日常生活の動作の立つや座る等は遅筋の使用が中心で、有酸素運動やヨガやピラティス等で鍛える事が出来ます。

 

速筋繊維は赤筋とも呼ばれていて、瞬発力やスピードやパワーを発揮します。糖質をエネルギー源にして、太くて大きく疲れやすい性質があります。速筋繊維は年齢と共に減少していき、短時間で高負荷のトレーニングで鍛えられます。

 

このように性質の異なる筋繊維を同時に鍛える事は、通常では難しいとされています。加圧トレーニングでは、軽い負荷でのトレーニングを行うので遅筋が働くが同時に速筋繊維も導入されるメカニズムが確認されています。

 

それは加圧を行う事で、血流量が変動するためです。つまり加圧トレーニングにより筋肉量を増やして筋肉を付ける事と、日常生活に必要な力を付ける事が同時に行えます。トレーニングの目的は人それぞれですが、加圧トレーニングはあらゆるパフォーマンスの向上にも加齢による体力低下の予防にも有効です。

加圧トレーニングと成長ホルモンの関係

加圧トレーニング,特徴,注意点

 

加圧トレーニングは成長ホルモンと関係があります。元々成長ホルモンは体が成長するために新しい細胞を作るためのホルモンになります。子供の頃に身体が大きく成長ホルモンが活発に分泌されていくため、大人になっても成長ホルモンは分泌されるが年齢とともに少しずつ減少していきます。

 

30歳を超えると急激に分泌量が減っていき、成長ホルモンは体の成長だけを担っているのではないです。大人になっても肌に弾力があったり病気になりにくいのは、成長ホルモンにより新しい細胞が体内でどんどん作り出されているためで、成長ホルモンが分泌されなくなると古い細胞がいつまでも残ってしまいます。

 

これにより老化現象が一気に加速していき、子供にとっては成長するために必要不可欠な成長ホルモンであるが大人にとっては老化を防ぐアンチエイジングには欠かす事が出来ないです。加圧トレーニングを行うと、成長ホルモンを勢いよく分泌される事が分かっています。

 

これはトレーニングの方法に大きな理由があり、加圧トレーニングを行う時にはトレーニングする場所から心臓に近い部分で腕の付け根や脚の付け根等を専用のチューブできつく縛るので血流を少なくします。足や腕に十分な血液も酸素もいかなくなり、手足はうっ血してどす黒くなりその状態でトレーニングを行った部分の細胞は血液から十分な酸素や栄養成分を受け取る事が出来なくなります。

 

この状態で運動をして筋肉が疲労するため、大量の乳酸が分泌され血流がコントロールされていくので乳酸がその部分にどんどん溜まり高濃度になります。トレーニング後にチューブを外すと、高濃度の乳酸が一気に全身に行き渡り、それが脳にシグナルを送り、成長ホルモンの分泌が促されることになります。

加圧トレーニングの注意点

加圧トレーニング,特徴,注意点

 

加圧トレーニングは加圧の専門の資格を持っているトレーナーの元で行う事が大切で、きちんとした指導を受けないと血栓が出来たり、血流不足により失神したりする危険性があります。加圧を始めるには、必ず加圧の専門資格を持った指導者に適性圧の設定を行ってもらいトレーニング内容や頻度についての説明を受けてその指導を守ります。

 

専門の加圧ベルト以外は、大変危険であるので使用しない事です。足と腕を同時に加圧トレーニングを行わない事で、1回の加圧時間は腕は5分で足は15分以内にして、加圧トレーニングは週2回までで必ず2から3日間隔を空ける事です。

 

加圧トレーニングの前後には準備運動と整理運動を行う事で、食後1から2時間は加圧トレーニングを行わないようにします。加圧トレーニング後30分以内は食事を摂らない事で、加圧トレーニング中は自然に呼吸をしながら行います。

 

出来るだけゆっくりとした動きで行うと、より効果的です。妊娠中や生理中の人や高血圧の人や熱のある人や骨折や脱臼等の怪我をしている人等は、加圧トレーニングを行うのは避けます。加圧トレーニング後は、普段の身体より吸収の良い状態になっています。

 

この時の食事が脂っこいものであると太りやすいので、トレーニング後2時間は脂っこいものは摂らないようにしましょう。

金剛筋シャツのご購入はこちら!トップページへ筋トレしても効果がイマイチ実感できない方、なかなか細マッチョになれない方は、トップページで金剛筋シャツについても確認してみてください。